『スターウォーズ』にインスパイアされた海洋研究センター

071208AIA.JPG

 

映画『スターウォーズ』からヒントを得て、テキサス大院生ジェイソン・メラード(Jason Mellard)君が設計した海洋研究センターです。

沿海50~100マイルの沖に建て、海洋生物・鳥類研究者たちが6~13カ月のシフトで家族と住めるようになってます。円形フロアには研究室と講義室、コンピュータラボ、観察棟、タンク置き場、オフィス、倉庫を収容。研究施設は水中、住居棟(1ディスク1000人収容)は海面に浮かんでいて上下に移動できます。本体と切り離して水中遊泳できる棟もありますよ?

動力はすべて風力、ソーラー、波力、雷の天然エネルギーでカバーします。

単なるお絵描きではなく、ちゃんと実現性も考慮に入れた設計図案ということです。問題は建設費かな。見積もりとスライドショーは以下でどうぞ。

  

071208outthere1mellard1.JPG

071208outthere1mellard2.JPG

071208outthere1mellard3.JPG

071208outthere1mellard4.JPG

建設費推定$5億~10億ドル(559億~1117億円)。

ジョージ・ルーカスと鯨をこよなく愛する大富豪が見つかるまで塩漬け…でしょうか。

[AIA via Inhabitat]

SEAN FALLON(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 海に浮かぶロケット発射場が大爆発、炎上、そして沈没(動画)

【関連記事】 ドバイに海中ホテルが誕生

【関連記事】 水平も垂直もオーケーな船(動画)