サンタがストームトルーパーに拘束されちゃった!?

サンタがストームトルーパーに拘束されちゃった!? 1

異色のコラボですが…こんな姿見たら子供たちが泣きますよ…。

帝国軍のストームトルーパー特殊部隊が、Santa's Factoryに乗り込み、不確定ですが多数の小人たちを殺し、オーナーを拘束し、ソリを押収しました。

LosAngelesのEvil Galactic Empireの地元広報担当官Joe Kwazansky氏が記者会見に現れ、帝国軍がクリスマス式典を乗っ取ったことを確認しました。

「皇帝は、彼が計画したとおりにクリスマスが継続されることを保証したい

「でも、パグ鼻の太っちょは、彼の犯罪の代価を払うでしょう」

と、記者に囲まれ、ショックを隠せない状態で語りました。どうやら、拘束されたのには、初期のレポート「時間がグワンと歪むWindowsエラーメッセージの最高傑作」に関連したことと、大量破壊兵器の秘密配置に何らかの関連性があるようです。

この攻撃およびサンタクロースの拘留の原因に関する質問に答えるとKwazansky氏は、Imperial Intelligenceは、「北極の近くにあるサンタの工場でWMDの生産をしている確固たる証拠を持っている」と指摘しました。また、「知ってのとおり、彼は変質者でもある。赤いビロードの服を着て家をあちこち歩き回り、未成年の!? 小人たちに手伝いをさせてるんですよ」とも語りました…。

記者会見の後、48歳で両親と同居中のKwazansky氏は、「サンタは、Imperialの防衛関係の請負業者Sienar Fleet Systemsから企業秘密を奪っていたかもしれません」と、新たな犯罪を暴露しました。

「あの空飛ぶトナカイはなんなんですか?」「どんなフォースが飛ばせてるんだろう?」「彼らは、ツイン・イオン・エンジンをお尻に装着してるにちがいないと思っています。太っちょは、きっとカークーンの大穴で彼の日を終えることでしょう」と発表してから、広報担当官はサンタがどのようにして Imperial Orphanageで苦しめられるかを呟きながら、狂気的に笑いステージを去っていきました。

これに対し、国連の南極代表のKalle Jugercømmandersson氏は「この言われのない攻撃を理解することはできません。南極は1959年から武器フリーになっています」といって、すすり泣きをはじめてしまいました。「そして、私たちは未成年ではありません! 大人の男です」とはっきりと断言しました。

ちなみに、ダースベーダーさまは、現段階ではこのレポートに対するコメントすることができないようです。

JESUS DIAZ(原文/junjun)

【関連記事】 ガジェット界の二大巨頭が業務提携

【関連記事】 犯罪に近いスパイ術を親に教えるアメリカの番組(動画)

【関連記事】 ストーム・トゥルーパー、渋谷でダンスする(動画)