[ゲイツ特別インタビュー#2] 弱者から王者へ、ゲイツ像の変遷(動画)

 

「20年前にはボクが誰で、マイクロソフトが何かも、誰も知らなかった」

― と、遠くない昔に思いを馳せる会長の表情が印象的なシリーズ第2弾

ここではマイクロソフトとゲイツ氏に対するイメージの変遷について尋ねています。飛び出してきたのは、マイクロソフトの企業小史。未来が知りたいグーグルボーイは必見かも。

「やがて1987年から1995年にかけてハネムーン時代が来た。ちょうど今のグーグルみたいに何をやってもやる端から大当たりで世間は大喝采、という時期ね」

そして1995年。Windows 95空前の大ブームで「すさまじい成功を収めた」マイクロソフトは、その成功を境に好き・嫌いの入り混じる複雑な世間的評価を受けるようになります。

これを氏は、「『ヤンキーズが5年連続優勝だから別のチーム応援しようぜー』というつもりかどうかは分からないけど、とにかく大企業の傲慢に対する反発が始まった」と振り返ってます。いわゆる「半官びいき」という捉え方ですね。まあ、強大過ぎましたから。

[Bill Gates CES Interview]

WILSON ROTHMAN(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 [ゲイツ#1]MSとAppleの違い(動画)

【関連記事】 [ゲイツ#3] ビルの心配事(動画) 17日16時公開

【関連記事】 [ゲイツ#4] 「Windowsはダメ」と言いました?(動画) 18日16時公開