ワーナーがBlu-rayに一本化することになった理由

ワーナーがBlu-rayに一本化することになった理由 1

         

時代の流れをよむってことなのかもですね。

ワーナーが100%Blu-rayを支持することを発表しましたが、あれれ? ですよね。なぜHD DVDじゃなくBlu-rayにしたのか、その理由を聞いてきました。

Warner Bros. Home Entertainment Group.の会長Kevin Tsujihara氏いわく、フォーマット戦争がひきおこした多少の心配により、レギュラーDVDにおいて消費者混乱が起きはじめ「消費者はちょっと様子を見てから買おうか…」という傾向になってしまい、結果的にレギュラーDVDのセールスが落ち込んでしまったから、なのだそうです。

また、Tsujihara氏は、「もしも他のスタジオが方向転換していたら、ワーナーの決意は違っていたかもしれません。しかしながら、ほかのスタジオがHD DVDにするかもしれないという見込みがたたなかった」とも語っていました。

そして、第4四半期、特に12月Blu-rayハードウエアのセールスが加速しました。価格プレミアムにもかかわらず。これをワーナーは消費者需要がはっきりしたと考えたようです。特に、彼らがHDとDVDの市場の可能性をみていたとしたら、合理的にみな成長市場に走るからです。実は市場は彼らの手の中にあるんですよね。

今年の5月にはBlu-rayへの一本化をスタートとなっていますが、今後一切HD DVDのタイトルを提供しないのかは、おそらく小売り業者の様子をみつつ決定していくようです。

Gizmodo

MATT BUCHANAN (原文/junjun )

【関連記事】 三菱、なんでも3D化できるBlu-rayプレイヤーを開発中!?

【関連記事】 NEC、Blu-RayとHD DVDの両方を再生可能なチップを開発

【関連記事】 オンキヨー「TX-NR905」:高品位のBlu-rayマシンと同じReon-HQVビデオプロセッサ搭載