電子回路とLEDを埋め込んだコンタクトレンズ、開発中

080121crazyeyes.jpg

現実がどんどんニューロマンサーや攻殻機動隊の世界に近づきつつあります。

ワシントン大学にて、コンタクトレンズ電子回路LEDを埋め込んで直接映像を映し出すような試みを研究中だそうです。回路自体は現時点ではまだ動作していませんが、回路と赤色LEDを埋め込んだレンズをうさぎの目に装着するテストでは、今のところ20分間連続装着まで成功しているとのこと。

将来的にはWiFi機能が搭載され、視界の左隅でiPhoneから飛ばした映像を見ながら街を歩くなんてこともできるようになるのかもしれないですね。すごい時代です。

MedGadget

JASON CHEN(MAKI/いちる)

【関連記事】 ハローキティのコンタクトレンズ

【関連記事】 携帯カメラで「目に見えないアート」を撮る

【関連記事】 「USB Eye Massager」:目のマッサージ