「Phillips LivingColors LEDランプ」のビデオレビュー(動画)

こっち買って正解ですね。

この間、Xmasツリー用のランプを買いに出かけたはずなのに、結局、Phillips Living Colorsと一緒に家に帰ってきてしまいました。前にも紹介しましたね。

僕が衝動買いしたこの美しいランプは、色を組み合わせてスペクトラル中にどんな色でもつくれるようになっているハイパワーLEDランプなのです。しかもApple風リモコンで、ワイヤーレスにコントロールできるから、気軽に部屋の雰囲気も変えられるイチオシランプなのです。

百聞は一見にしかずということで、レビューを60秒のビデオにまとめてみましたのでご覧ください。

  1. デザイン最高! 大きくて品質もいいよ。
    (小さなプラスチック製のスタンドもついてる)
  2. プラグオンしました。
    (パワーをオンにするとすべてのカラーオプションを巡回します、そして電源を切ります)
  3. ワイヤーレスのリモコンの動きも最高。
    (色をコントロールするトラックパッド風ホイールの動きもスムーズ。楽しい)
  4. 雰囲気を作るのに十分にパワフル。
  5. クリック1つで色を変えることもできるよ。
  6. ホワイトバランスを増やして、中和することもできる。
    (真白かパステルカラーにすることができる)
  7. 良い点 : クオリティが良い!美しいライティング。
  8. 悪い点 : ワイヤレスの範囲が狭すぎること。
  9. 評決 : 買う価値あり!
    (もし、あなたが僕みたいにライティング・フリークだったらね)

LivingColors本体も、ちゃんと見てみたいですよね? はい。ちゃんとギャラリーをご用意したのでご覧ください。

 

「Phillips LivingColors LEDランプ」のビデオレビュー(動画) 1

    

まず初めに見たのは、ヨーロッパで215ドルという値段でした。これは、LSDよりも幻覚剤的効果が!? ありました(笑)。2008年に、アメリカで発売される時には、もう少し安くなってるかもしれないけれど。

お店で見た時は、はじめちょっと高いんじゃない? と思わせる感があったけど、LivingColorのお値段は、絶対にリーズナブルだと思います。デザイン、ワイヤレスリモコン、そして非常に低いエネルギー消費量寿命の長さも魅力的です。白熱灯に比べて、寿命10万時間と消耗が少ないLEDを使ってることに感謝! 明らかに白熱灯じゃ同じタイプの照明を作りだすことは難しそうだしね。

Philips Living Colors

「Phillips LivingColors LEDランプ」のビデオレビュー(動画) 2

「Phillips LivingColors LEDランプ」のビデオレビュー(動画) 3

「Phillips LivingColors LEDランプ」のビデオレビュー(動画) 4

しつこいようですが、ひとしきり遊び終わった後LivingColorsランプは絶対に価値ある逸品であることを確信しました。見事なコントロール、エレガントなデザイン、そして、素晴らしい色彩。もしあなたが照明に興味があって、家やオフィスに間接照明をお探しなら、イチオシですよ。

Gizmodo Spain

JESUS DIAZ(原文/junjun)

【関連記事】 カラフルなLEDでいろいろな情報を表示するカード「MulTicket」

【関連記事】 太陽を封じ込めたガラスの壺「サンジャー」

【関連記事】 光るLEDを海上で並べて、巨大なドット絵を作る