妖怪人間的な音楽インターフェイス「勃具」(動画)

な、なんだこれは。なんと気持ち悪く、強い画なんでしょう。

なんだか粘土のようなものが、いろんなところに配置されておりますね。これらがセンサー技術,ワイヤレス技術を用いた「音響生命インターフェース」だというわけです。

動画を見ていただければおわかりになるかと思いますが、1個1個の粘土体に音が割り当てられており、それを動かすことによって変調などをかけているんですね。どの音もちょっと言葉っぽい音に聞こえるのは「フォルマント合成」を使うことによって人間の声の特徴を出しているからとのこと。

しかし、変態的なパフォーマンスですね(笑)。こういった音楽表現がもっと広まればよいなと思っております。

 

高橋征資さんのブログ, 勃具

(西尾祐飛)

 

【関連記事】 腰で弾く楽器「HipDisk」

【関連記事】 動画曰く「楽器なんて弾けなくたって音楽はできる」

【関連記事】 パイプを握って電子音を出す?:「human piano」