金属ボールを使った美デザインのドラムシーケンサー(動画)

金属ボールを使った美デザインのドラムシーケンサー(動画) 1

実際にモノを組んだり形を変えたりして音を出す電子キットは、以前から教育玩具的な分野でポピュラーな手法です。

けど、このドラムシーケンサー「BeatBearing」のインターフェースはすばらしい。現在博士課程の学生Peter Bennettさんの作品です。

構成は至ってシンプル。それぞれの列がトラックを表していて、そこに開いてる穴にボールを置くと定期的に走査しているレーザーがそれを感知して音が出るというルールです。

現在は4トラックしかないのであまり複雑なことはできませんが、いろいろ進化できそうでグーですね。見た目もミニマムで現代的でステキです。以下のビデオでぜひ動きをご確認ください。

 

[Technabob]

KIT EATON(MAKI/いちる)

 

【関連記事】 MUTOOLS「LUNA」:フリー! Win&Mac対応本格DAWシーケンサー

【関連記事】 Sonic Head「4++ SEQENCER」:フラッシュで動く5拍子シーケンサー

【関連記事】 MODTracker「FastTracker2」:音楽制作はMIDIだけじゃない!

p.s. 「操作」 → 「走査」 と誤植を修正しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます!