発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー

発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー 1

ベルリンの空気が伝わってくるようです。

Modemはベルリンに作られたギャラリー兼ライブハウスです。冷戦時には東ベルリンに電力供給していた発電所の建物を使っているのですが、当時の独特の雰囲気がぷんぷんするおもしろい空間となっています。

東京では考えられないですが、建物全体の面積が25万平方フィートですから…え?  76.2平方km? もうなんだかよくわからない広さです。

ノブとかレバーとか冷戦の時代のディティールが残っているのがたまりません。写真を眺めるだけで楽しめる不思議な魅力があります。確かにギャラリーにするにはおもしろい場所ですね。もしそこで展示するアートや、演奏される音楽の趣味が良ければ、ベルリンで絶対行くべきスポットになることは間違いないですね。

発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー 2

発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー 3

発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー 4

発電所の建物を使ったベルリンのギャラリー 5

Modem Berlin via Boing Boing Gadgets

ADAM FRUCCI(MAKI)

【関連記事】 4567億円のクリスマスツリー? 世界最大のビル、モスクワで建造へ

【関連記事】 『スターウォーズ』にインスパイアされた海洋研究センター

【関連記事】 ロンドンの街に組み込まれる、アコーディオン型の「日時計ビル」