米国防総省がミノフスキー粒子を開発中!?

米国防総省がミノフスキー粒子を開発中!? 1
何か忘れていませんか?

昨今、防衛省がガンダムファンネルを開発したり、「SciencePortal」が費用を試算したりとすっかりガンダムが出来たような気になっていますけど、アレを忘れてますよ、アレ。ミノフスキー粒子ですよ。

ミノフスキー粒子の発明、実用化によって、レーダーや無線通信が無効化したのでモビルスーツ兵器が開発されたんです。だからガンダムを作るにはレーダーと無線通信を無効化しなきゃいけないんですね。というわけで、アメリカ国防総省がそんなミノフスキー粒子のような施設、HAARPを研究中。写真下のアンテナがいっぱい立っているヤツです。

実際には強烈な電波を電離層に照射するとの噂なので粒子じゃないかもしれません。でも、これが出来た暁にはモビルスーツも実用化できるし、ホワイトベースが空を飛ぶことだって夢ではありませんね。

それにしてもオーロラが綺麗です。

 

WIRED VISION

(野間恒毅)

 

【関連記事】 How Much? 原寸大ガンダム・ロボットを作ったら

【関連記事】 防衛省のガンダムの正体、明らかになる

【関連記事】 実物大ガンダム、堂々完成!