ケータイにフルキーボードを搭載した「インターネットマシン 922SH」速報!

080129_922SH-01.JPG

 

記者会見で、もっともギズモードの心をわしづかみにしたのが、このケータイ。「インターネットマシン 922SH」です。

何がすごいって、上の写真見てくださいよ。本体を開いた状態なんですけど、一見ケータイだとは思えませんよね? 

本体は横開きになっています。小さなノートパソコンを想像していただければ、どうやって開くかわかりますよね。そしてフルキーボードを搭載。液晶画面は854×480ドットとワイドでクリア。ちょっと、これまでにないコンセプトのケータイですよ。

孫社長曰く「慣れるとテンキーよりも2~3倍速く入力できます」とのこと。液晶画面の下にはステレオスピーカーも搭載されるなど、かなりすごいスペックです。

以下に、閉じた状態の写真を掲載しておきます。

 

080129_922SH-02.JPG

手に持つとケータイサイズということがわかりますね。本体表面には4桁表示可能なサブディスプレーセンサーキーを搭載。本体を開かなくても、電話の発着信やメールの確認ができるようになっています。

080129_922SH-03.JPG

側面からの写真。本体の厚みは17mmほど。フルキーボード、ワンセグ、200万画素デジカメなど、機能てんこ盛りの割には薄いですね。

フルキーボード搭載というと、今回同時に発表されたスマートフォン「X03HT」のように、Windows Mobile搭載機のイメージがありますが、普通のケータイにフルキーボードを採用するあたり、自由なソフトバンクという感じがします。

発売は3月下旬以降の予定。これ、じっくり使ってみたいですね。

ニュースリリース[ソフトバンク]

(三浦一紀)

 

【関連記事】 上戸彩もやってきた!! ソフトバンク春の新製品発表会に潜入

【関連記事】 進化したフルフェイス携帯電話「FULLFACE 2 921SH」

【関連記事】 僕らの気になる au 春モデル