スケッチをレンダリングしてゲームに取り込んで遊べるPS3の裏技(動画)

紙にサラサラッと描いたイラスト。

向こうに見えるのはソニーPS3、手前にあるのがPlaystation Eye。描き終わるとアレ? アレレ? 今さっき描いたばかりの妙なミジンコがハラハラと落ちて…着地しました! 創造主アントン君はコントローラで悠然と動きを制御してます。

これはソニープレイステーションR&Dラボが収録した「スケッチレンダー」のデモです。昔懐かしいゲーム『ルナランダー』もこんな風に自分の落書きでコンテンツが足せるなら楽しさ復活! ですねー。

軍艦をスキャンして戦闘ゲームに取り込んだり。そんなこともできます。

スケッチが苦手な人は紙の上にモノを置くだけでもオーケー。

モノを取り込むデモ、手描きvs.プラモのタンクバトルで盛り上がるプレステ最前線のソニー戦士たち、MITが別口でやってる似た技術の動画計3本はジャンプ後にどうぞ!

 

↑ リンゴもバナナもホレこの通り。

↑ こんなこともできる。

以下はMITがWindowsのホワイトボード専用アプリでレンダリングしてるサンプルです。ソニーほどクールじゃないですけど、うまいもんですねー。

PlayStation.BlogTechEBlog] 日本語関連記事→Engadget

JASON CHEN(原文/訳:satomi)

【関連記事】 ゲーム機コレクター必見のパチファミたち

【関連記事】 プレステ3自分自身を青く塗るコンテストの優勝者

【関連記事】 割り箸で頭にPS2対応HMDコントローラつけて遊ぶ人(動画)