[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました!

Sponsored

[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 1

 

Windows Vistaには、「Windowsサイドバー」という機能が搭載されています。

これは、デスクトップの横に「ガジェット」と呼ばれる小さなアプリケーションを配置できる機能です。

「ガジェット」繋がりということでしょうか? マイクロソフトさん主催のWindowsサイドバーガジェットについてのブロガーインタビューに、ギズモードも呼んでくださいましたので、いそいそと参加してきました。今回から3回に渡って、その模様をお伝えします。

ギズモード編集部以外にも、GIGAZINEさん、CAネットトレンド研究室ブログさん、hiniclipさんが出席されていました。

まず第1弾は、マイクロソフトさんからのプレゼンテーションの模様です。

 

[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 2

最初にプレゼンテーションしていただいたのは、Windowsサイドバーおよびガジェットの開発に携わっている、オンラインサービス事業部 プロダクトマネージメントグループ シニアマネージャの安藤浩二さんです。

まずはまだ何も知らない純真無垢な僕たち(主にGIZMODOの連中)に、ガジェットとは何か? についてのレクチャーから。ガジェットとは、簡単に言えば「パソコンのデスクトップ上に表示していつでも眺められるコンパクトなアプリケーション」とのこと。

 

[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 3

 

古くはMacintoshの小さなアプリケーション「デスクトップアクセサリ」、またはUNIXで人気のあった、マウスのポインタを追い続ける目玉「アイボール」というアプリケーションあたりが、ガジェットの源流であると言われているそうです。

つまり、役に立とうが立つまいが、単機能でデスクトップ上にちょこんと起動させておける、そんなかわいいヤツがガジェットということなんでしょうね。まさにギズモードで取り上げているガジェットと同じようなものですね。

しかし、Windowsではガジェットという概念はあまり注目されることがありませんでした。安藤さんは1年半ほど前に現在の部署に配属され、オンラインサービスに携わるようになりました。そこでガジェットの推進を始めたそうです。

ガジェットの楽しみ方を教えてあげること。これを実は今回のガジェットの推進の中心に考えていたというところがあります。これは純粋に私の思いであります」

確かに、現在Vistaで使えるガジェットをざっと見たところ、かなりおもしろそうなものが満載です。実用的なものから「なんだこりゃ」なものまで、いろいろなガジェットがあります。

Windows Vista以前は、Windows自体にはガジェットを稼働させるための環境が搭載されていませんでした。しかし、Yahoo!やGoogleといったところから独自のガジェットが公開されており、それぞれ使用するための環境(ランタイム)をインストールすれば、ガジェットが使えます。しかし、それほど人気があるわけではないようです。

「Windows XPまでは、ガジェットを使用するには別途サードパーティが用意したランタイムが必要でした。このランタイムはWindowsには入っていませんので、自分でダウンロードしてきてインストールしなければなりません。つまり、興味のある人しかわざわざ使ってはくれないというものでした。しかし、Vistaには『Windowsサイドバー』という、ガジェットが動く環境がすでにインストールされています。これが一番のポイントで、これまでガジェットを使わなかった層もガジェットを使うようになります」

 

[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 4

 

これまでガジェットなんて全然知らなかった人たちも、Vistaならば簡単にガジェットが使えるようになるんです。実際にVistaを起動してみると、画面右にいくつかのガジェットが表示されているのがわかるはずです。

 

[Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 5

 

最初はWindowsに標準装備されているガジェットしか選択できませんが、Windows Liveのギャラリーからは無料で世界中のガジェットがダウンロードできます。インストールが簡単で無料なので、誰でも気軽にガジェットを試すことができるのです。

現在、登録されているガジェットは3700本以上、日本語のものは150本ほどです。

さて次回は、現在のガジェットの特徴と、マイクロソフトが考えるガジェットの今後、そしておもしろガジェットを紹介します。お楽しみに!!

 

Windowsサイドバーとガジェット紹介ページ[マイクロソフト]

(三浦一紀)

sponsored by [Windows Vistaサイドバーガジェット/ブロガーインタビュー#1] マイクロソフトさんにお呼ばれしてきました! 6