描いたばかりの3Dを風景の中で色んな角度から見れる、みたいな技術(動画)

言葉が出ないほどクールです。

バーチャルペンでモニターに何かを描くと、それが3Dオブジェクトとして認識されます。モニターを動かしたり角度を変えたりするとその3Dを色んな角度から見ることができます。

周囲の風景と重ね合わせて見ることも可能です。あたかも描いたばかりの3Dオブジェクトが実際に風景の中に存在しているかのようです。

MITメディアラボで開発中の技術だとか。とにかく動画を見てみてください。カーネギーメロン大のジョニー・リーともコラボできそうですね。

MIT

MARK WILSON(MAKI/いちる)

【関連記事】 Wiiリモコンのヘッドトラッキングで3Dウィンドウを作る魔法のような動画

【関連記事】 3DのPCゲーム対応、スマートセレクト機能搭載の「Parallels Desktop for Mac 3.0」登場!

【関連記事】 3Dモニター、CESにお目見えとのこと