実際に トランスフォーム しちゃう ソフトバンク ケータイ「815T PB」

080227815T.JPG

 

とうとう本当にトランスフォームしちゃうケータイが登場しました。

ソフトバンクモバイルが発表した「815T PB」は、4月2日からテレビ東京系6局ネットで放送開始予定の「ケータイ捜査官7」という特撮ドラマに登場するキャラクター「フォンブレイバーセブン」「フォンブレイバーゼロワン」をモチーフにしています。

シルバーのほうが「X07(ゼロナナ)シルバー」、ブラックのほうが「X01(ゼロイチ)ブラック」です。同梱されている「フォンブレイバーパーツ」を装着すると、写真のようにトランスフォームしちゃいます。

加えて、人工知能型の待ち受けアプリ「バディトーク」を搭載。文字で話しかけてきたり、表情が豊かになったりします。日々会話をするとケータイ自身が学習していきます。ケータイが、相棒(バディ)に成長していくというわけ。トランスフォームするわ、頭はよくなるわで、これまでのケータイとは明らかに方向性が違いますね。さすがソフトバンク!!

発売は4月下旬の予定。忘れないように、今からスケジュール帳に書き込んでおきましょう!!

 

プレスリリース

(三浦一紀)

 

【関連記事】 薄くてまっすぐな春らしいソフトバンクケータイ「822P」明日発売!

【関連記事】 携帯電話←→トランスフォーマーを自作

【関連記事】 「20Q」:思っていることをズバリ当てる不思議な球体