Androidを動かしてみたよ(動画)

 

バルセロナのMWC会場より、Androidのプロトタイプの動画お届けしますね。

会場のあちこちにAndroidあるんですけど、動画上のARMのは他よりローエンドなプロセッサ搭載モデル。きれいなグラフィックスのデモとか、iPhone風のポップなマルチメディアの機能は一切ついてなくて、ひたすら頑丈なARM9プロセッサで動くプレーンな白の試作品でございます。要は「Androidの拡張性を披露」し、「開発プラットフォーム」として使えるところを見せられたら、ということで。

どうでしょう? 米Gizmodoでは「動くことは動くけど、つまんない感じ」と判定を下しています。ちなみにクアルコムが作った、以下に掲載のAndroid試作品は本物の怪物ですよ?

 

080212Android.JPG

 

ね? まるでテリー・ギリアム映画そのまんま!

基板で造成したアグリー超ファンタスティック怪物でございます~。

より高速で、ワイヤレス接続つき。これはARMにはなかった魅力ですね。ま、見てお分かりのように開発向けですけど。

このようにAndroidは開発・テストに耐えうる安定性を確保した段階で、実際の製品の市場デビューは随分先になりそうですね(これはテキサスインスツルメンツのAndroid触ったTCも同意見でした)。ARMも「棚上げ事項ばかりで実物の携帯電話の仕様もオープンハンドセットアライアンスから来ている」と話してましたし。

ほかのAndroid試作機の第1印象と感想はまた追って。

 

JESUS DIAZ(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 AndroidのUIスクリーンショット写真集

【関連記事】 Android実機のプロトタイプ第1号、フォト独占入手!

【関連記事】 セルゲイ・ブリンのAndroid公募告知とUIデモ動画