「自動入浴装置」の特許と、カーウォッシャーに入る人々(動画あり)

「自動入浴装置」の特許と、カーウォッシャーに入る人々(動画あり) 1

科学と技術に夢がいっぱい詰まっていた頃のアイディアです。

これは「自動入浴装置」。1969年に米国で提出された特許634629号です。

これを考えたG. Hallumさんは、ベルトコンベアに人が乗って、

「お湯が出て身体を濡らす」→「石鹸で身体を洗う」→「ゆすぐ」→「乾かす」

といった流れ作業を行うことをイメージしていたようですね。

まあこれだったら、自動車の洗浄機に人が入っても一緒じゃね?と思ったら、なんと実際にカーウォッシャーに入っちゃった人がいたようなので、以下にその動画を貼っておきます。

 

何事も経験ですね…。

MARK WILSON(MAKI/いちる)

【関連記事】 1985年にアップルが取得した電話の特許

【関連記事】 手垢まみれのキーボードを食器洗い機でキレイにする実験

【関連記事】 105年前の特許:遺体を丸ごとガラスに封じ込める