マウスの脳内にカメラを仕込んで、神経活動を視覚化

マウスの脳内にカメラを仕込んで、神経活動を視覚化 1

脳の神経活動を誰かに見られることは、プライバシーの侵害になるんですかね?

奈良先端科学技術大学院大学の太田淳教授の研究グループが、マウスの脳の海馬部分への、長さ3mm、幅2.3mm、奥行き2.4mmの超小型カメラ(CMOSイメージセンサー)の移植に成功したそうです。

これは脳内の神経活動を視覚化して観察するために仕込まれたものだとか。将来的には人間にもこの手法を応用することで、たとえばパーキンソン病の解明などに役立つ可能性があるんだそうです。

いやはや、ものすごい技術ですね。

Fareastgizmos

KIT EATON(MAKI/いちる)

【関連記事】 米研究チームが血中でロボットを動かすダイオード推進機を発見

【関連記事】 満員電車でかがされたら頭に来るあの臭いの発生メカニズムを解明

【関連記事】 脳内の声? が聴ける「Muttering Hat」

p.s. 単位の m → mm に修正しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます。