難解アートに意味をもたらす壁掛け時計

難解アートに意味をもたらす壁掛け時計 1

 

えっと…こちら、時計です。壁掛け時計。

ちょいと小粋だけど、あまり意味の分からないモダンアートに見えますが、ちゃんと意味はあるんです。なにしろ、時間を示しているわけですから。ちなみに写真は、7時53分38秒…かな。

たぶん、『ダヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授でも頭を抱える、この壁掛け時計「きみどり」の時間の読み方は、以下にてどうぞ。

 

難解アートに意味をもたらす壁掛け時計 2

 

いやー、当ギズモードでは、かねてより時計の複雑化に関して、警鐘を鳴らしてきましたが…もう、どんどんやっちゃってーという感じです。

気になるお値段は4万6800円。

2月中旬より下記サイトで販売されるそうですよ。

 

プラムネット

(オサダシン)

 

【関連記事】 巨大隕石をつい落としたくなる「地球時計」

【関連記事】 時間を知るのに時間がかかる時計:「Just A Moment Clock」

【関連記事】 宇宙模型風の…時計だと気づくのに何年かかるやら