家の中の電化製品をiPhoneで遠隔操作:「Current State」

080208iphonecurrent.jpg
モバイルデバイスの新しい可能性を感じさせるアプリです。

まだコンセプト段階らしいのですが。この「Current State」は、家もしくはオフィスの電化製品電力消費状態を表示し、電源のオン・オフコントロールができるというものなんだそうです。

iPhoneなどの携帯デバイスで使います。コントロールしたい電化製品のコンセントの先にアタッチメントをとりつけ、このアプリ上でそれぞれの電化製品に名前をつけておきます。以上で、極めて安価に、それぞれの消費電力のモニター、電源を入れたり消したりの遠隔操作、タイマー設定などが可能となります。

これで「あれ? アイロン消したかしら?」みたいな不安を抱えながら外出する必要はなくなります。デザインも良いし、いいアイディアですよね。

 

080208medium_2243113114_161d40d122_o.jpg

080208medium_2242321047_c4fbfa8dcd_o.jpg

080208medium_2242321083_ac1deba07b_o.jpg

080208medium_2243113002_e73bf8a6ff_o.jpg

 

[The Greener Grass via Uberphones]

MATT BUCHANAN(MAKI/いちる)

 

【関連記事】 ジョブズが「ブーン!」というiPhoneのアプリ

【関連記事】 iPhoneで使えるGPSもどき

【関連記事】 iPhoneをバイブレーターに変える「iBrate」