ディズニーランドに「未来の家」が復活

ディズニーランドに「未来の家」が復活 1

1957年から1967年の10年間にアメリカのディズニーランドにあった「House of the Future(未来の家)」というアトラクションが、復活するそうですね。

「House of the Future」は、未来の人々の生活を垣間見ようというコンセプトのアトラクション。壁掛け大型テレビ、プラスチックの椅子、電気かみそり、電動歯ブラシ、ハンズフリーの電話などなどモチーフとして出てきていました。

このたび復活する新House of the Futureは、マイクロソフトヒューレット・パッカードなどの豪華なスポンサーがついています。「中国旅行の準備をする家族」の演劇となる予定で、観客はそこで、全体がセンサーネットワークタッチパネルに埋め尽くされた「賢い家」を観ることになるでしょう、とのことです。例えば、テレビのスイッチを入れると、「この人は映画を見ようとしている」と判断して、カーテンが自動的に閉まり照明が落とされるとか、どの服をクリーニングに出すべきか教えてくれるクロゼットとか、食材を置くだけで献立の候補を示してくれるキッチンとか。

メイドロボが「ご主人様♪ ご飯の用意ができました☆」とやってくれる未来は、とうぶん来そうにないってことですかね。

AP

MATT BUCHANAN(MAKI/いちる)

【関連記事】 ラナ「mix stick」:オシャレなミッキーマウスデザインのMP3プレーヤー

【関連記事】 元ディズニーのクリエイターが考案した殺人マシーン(動画)

【関連記事】 ガンダムに負けていられない!? ウルトラマンのテーマパークが今夏登場