乗り物酔いするぐらいすごいぞ! 次世代ハイビジョンTV

乗り物酔いするぐらいすごいぞ! 次世代ハイビジョンTV 1

 

椅子を遠~くに置けばOK?(笑)

こちら、尋常じゃないような解像度7680x4320、もしくはHD TVの16倍もの解像度を約束する次世代の高解像度テレビのお話です。目が慣れるまでは気持ち悪くなっちゃう人もいるんじゃないかと思うぐらい、ちょっと高解像度すぎな感じもあったりするようです。

そうなんです。高解像度過ぎるがゆえの贅沢な悩みもあるのです。まずは、この技術を開発した日本のNHKに勤務しているインテリな人によると、「早く動くイメージを見ていたら、きっと乗り物酔いをしてしまう」とのこと。もうひとつは実用的な課題で、こんなにも多くのスクリーン線を60インチよりも小さなスクリーンに押し込めるのは、とっても難しいということだそうです。もし、仮にそれよりも小さなスクリーンに詰め込めたとしても、あんまり威力が発揮できず意味がないとのこと。現時点では、違いを試すことができないから、なんともいえないけど。

そして、2025年までは、このフォーマットでの放送はされないと予想されているのですが、NHKは恐らく世界で最も魅力的なホームシアターのセットを構築しているのです。なんと、この500インチのスーパーハイビジョンスクリーンは、以前ご紹介した、世界で唯一22.2マルチチャンネル音響を備えているのです。もし1作品だけ、このホームシアターセットで映画を観れるとしたら、何がいいかなぁ?

 

[BBC]

ADAM FRUCCI (原文/junjun )

 

【関連記事】 ハイビジョンビデオカメラ買う前に考えておきたい10のこと

【関連記事】 卵サイズのHDハイビジョンデジタルビデオカメラ

【関連記事】 「かぐや」がハイビジョンで捉えた「月から見た地球」(動画)