新モデル「アーケード」入りのXbox 360ラインナップまとめ

新モデル「アーケード」入りのXbox 360ラインナップまとめ 1

日本ではWiiとPS3の陰に隠れがちですが、Xbox 360も新モデルXbox 360 アーケード」が3月6日に発売です。

基本的には従来まで販売されていた低価格の「Xbox 360 コア システム」の置き換え版で、「アーケード」の名前がつくのはXbox LIVE アーケードで配信されているゲームが5タイトルついてくるため。これでXbox 360のラインナップは3万4800円のスタンダードモデルと4万7800円のエリート、そして2万7800円のアーケードの3種類になりました。

名前に統一感がなくてややこしいですが、おおざっぱに分けると違いはメモリの容量。一番安いアーケードは256MBの外付メモリ、スタンダードは20GBのHDD、そして最上位のエリートは120GBのHDDを搭載。アーケードは安いぶんアーケードゲームのおまけが5つつき、エリートは他とは違う黒いデザイン、細かいところでは付属ケーブルが違ったり、スタンダードにはリモコンがついたりというところを抑えておけばほぼ大丈夫でしょう。最初は非搭載だったHDMIはいつのまにか全モデルが標準装備になってます。

これでXbox 360を買うときは悩まなくてすむ! といきたいところですが、意外な伏兵なのがスタンダードモデルに『デビル メイ クライ 4』を同梱したプレミアムパック。『デビル メイ クライ 4』の定価は8390円で、プレミアムパックの値段が3万7800円ですから、ソフトの値段を引いた本体価格は2万9410円相当と、スタンダードよりも安くアーケードに2000円を足しただけのお値段に。とりあえずソフト1本つけて買おうと思っている人にはプレミアムパックもよさそうです。

プレスリリース製品ページ[Xbox.com]

(山沢健太郎)

【関連記事】 ジャンル別Xbox 360ゲームまとめ(パーティ向け、家族向け、1人用など)

【関連記事】 Xbox360のガワをPCケースとしてリサイクル(動画あり)

【関連記事】 SEXBOX、3600円