【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 1

すごいものを発見してしまいました。

ひとことでいうと、『スターウォーズ』全6作品からキャプチャした画像をモザイク状に組み合わせて、ダヴィンチの『最後の晩餐』の構図でスターウォーズの登場人物を描いた作品、です。

素材として取り込んだ画像数は6万9550コマ。最終的にできあがった作品は2万4168×1万864ピクセル、トータル262メガピクセルのモザイク画像です。

製作期間は2週間。PC上でモザイクアートを作るソフトを使ったのと、でリタッチしたのとのコラボレーションです。

作者の名前はAvinash Arora。我々にその過程の詳細を語ってくれました。

 

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 2

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 3

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 4

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 5

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 6

【インタビュー】『スターウォーズ』の場面6万9千コマから『最後の晩餐』のモザイクアートを作った人 7

Jesus Diaz(以下JD) : この巨大な作品を作るのに素材はなにを使ったんですか?

Avinash Arora(以下AA) : 映画から取り出した6万9550の画像です。最初はVLCのイメージ出力プラグインを使って、エピソードIVからすべての画像を取り出していました。で、いらない19コマを捨てて20コマ目を使うってやってたんです。その後AndreaMosaicを使えばだいぶ作業を節約できるって気づいて、そちらに切り替えました。なお、図版の元にしているのはEric DeschampsがGiant Magazineのために描いた「Star Wars Last Supper」です。

JD : コンピューターはどんなのを使ったんですか?

AA : Asus M2N SLIです。マザーボードはAMD 5400+ X2、eVGA nVidia Geforce 8800GTS 640MB、メモリは2GBの DDR2 Corsair XMSです。

JD : 使ったソフトウェアは?

AA : モザイクを組むのにも元々はAndreaMosaicを使ってました。でもいまいち思った仕上がりにならなくて、結局大量にサンプル画像を出力していみてアルゴリズムがどうなっているか研究し、それを元に自分でアルゴリズムを工夫して使いました。

JD : クオリティを上げるためにしたことは?

AA : 自分でアルゴリズムを工夫したことですかね。それでぐっと思っていたイメージに近づけることができました。でもいろいろ試していて、実はこれの他に6枚のフルサイズモザイクを作ってあって、その中で一番出来が良かったのがこの最終バージョンなんです。

JD : 作業はアルゴリズムを組んで、それでおしまい?

AA : いや、そのあと手作業で仕上げました。そうだな、最低でも1000枚分くらいの画像を手で修正しました。僕のプログラミングの不備のせいなんで自業自得なんですけど…他の画像についても色補正をしてあります。

使ったのはフォトショップです。

JD : 結局どのくらい時間かけてます?

AA : それぞれの映画から画像を取り出す作業が1時間ずつくらい。これはわりと簡単です。そこからテスト用のサンプルモザイクを作るのが90分くらい。そのあとフルモザイクを作るごとに6時間から8時間ですね。この最終版を仕上げた時は、手作業での修正に25時間から30時間かけたかな。画像を取り出す作業を除いて全部で2週間まるまるかかりました。最初のフルモザイクを作って、それからたくさんサンプルを作って、二番目のフルモザイクをつくって、たくさんサンプルを作って…それの繰り返しです。その間はほとんど授業に出られなくて…出たのは2コマくらいかな。で、これが完成した日にテストがあるのを忘れててあわてて受けました。

JD : ひえーそれは。

AA : ご心配なく。ちゃんといい点取れてましたから。

JD : 実際の作品のサイズは?

AA : ええと、素材の画像はそれぞれ640×272のものを、モザイクにする時に120ピクセルに縮小しています。Jpeg画像です。最終的な解像度は24168×10864ピクセル…262メガピクセルですね。残念なのは最高画質のままプリントできなかったこと。本当は0.9m×1.8mじゃなく1.5m×3.35m、つまり712メガピクセルのサイズで仕上げたかったんです。でもファイルが大きすぎてプリンタに接続してるPCではでファイルが開けなかったんで…3GBあったんですよね。圧縮しないと40GB。

Avinator

Jesus Diaz(MAKI/いちる)

【関連記事】 スターウォーズやインディ・ジョーンズの等身大のレゴモデルたち

【関連記事】 【インタビュー】レゴで200個もの小さいスターウォーズのフィギュアを作る

【関連記事】 神々の手になる「ボツになったスターウォーズ・グッズ」集