F-16パイロットが民家に誤って爆弾投下(動画)

080316F16.JPG

人間誰しも間違いはあるもの。

でも戦闘機から爆弾うっかり落とす粗忽者はそうそういません。

先週木曜午後3時頃、オクラホマ州タルサでそんな事故が発生しました。

幸いダミーの練習用爆弾なので中身と言っても花火みたいな煙だけで、破壊力のある起爆性物質は入ってません。パイロットのミスでもなさそうなんですけど、空から爆弾落っこちてきたアパートの男性は堪ったもんじゃありませんよね。隣の倉庫直撃で浴室の壁もぼろぼろになった男性は未だに信じられない様子で、こんな風に語ってます。

「雨じゃあるまいし、まさかミサイルが降ってくるなんてね。ラッキーでした」。

-ほんと、被害者が奇跡的にゼロだったのは何よりです。

発生は離陸直後で、タルサからカンザスの演習に向かう国家航空警備隊のF16機の一団から22ポンドのBDU-33ダミー爆弾6本のうち1本がなんらかの不備で「落っこちて」しまいました。

でも、1本足りないことに気づいたのは演習後になってから。6本分あるはずの爆弾衝撃記録に5本分しか残ってなくて、あと1本はどこに? ということになって初めて異常事態に気づいたんだそうです。

軍人と言うと眼光鋭いヒーローのイメージでしたけど、むう…。

Danger room

Kit Eaton(原文/訳:satomi)

【関連記事】 酔っ払った軍人が戦車で民家に突っ込む(動画)

【関連記事】 ロボット飛行機、兵隊で満載のトラック荷台へ突っ込む(動画)

【関連記事】 デンマークの空港での旅客機事故(動画)