インテル製廉価ノートPCの正体は?

インテル製廉価ノートPCの正体は? 1

 

以前「インテルの廉価ノートPC?」とお伝えしたものは、実はCTL社製の「2go PC」であることが判明しました。

900MHzのCeleronチップと40GBのHDDを搭載。画面はLEDバックライト付き。重さは3ポンド以下でメッシュネットワークをサポートするそうです。気になるお値段は400ドル以下を想定しており、2カ月以内に販売されるとのことです。以下にスペックシートを載せておきますね。

 

インテル製廉価ノートPCの正体は? 2

※ 画像クリックで拡大

 

matt buchanan(MAKI/いちる)

 

【関連記事】 廉価版セグウェイを韓国の会社が開発

【関連記事】 世界で最も薄いラップトップ、インテルよりプロトタイプデビュー

【関連記事】 最新式インテルチップの作り方(動画)