一回に5年も飛び続けられる無人飛行機「Vulture」

一回に5年も飛び続けられる無人飛行機「Vulture」 1

 

例えると、「天空の城ラピュタ」を作りますというお話です(違う?)。

「Flight Global」が報じるところによると、アメリカのDARPA(国防高等研究計画局)は、一度に続けて5年間も飛行できる無人飛行機の建造について、近々契約を結ぶとのこと。このプロジェクト名「Vulture(ハゲワシ)」は、「永続的な擬似衛星能力」であるとDARPAは説明していますね。つまり、通信や調査などを行うために、長い間空中の一箇所に留まることができるマシンだということでしょう。

いやー、とてもすごい技術だ、とは思います。でも、逆に問題も多そう…。

だって、まず何年にも渡るミッションを成功させるために、戦略家たちはこの飛行機をどんなコースで飛ばすべきかを考えなくちゃいけません。それに、すさまじい強風が吹き荒ぶ高度6万~9万フィート(約18~27km)の中で、1000ポンド(約453kg)という自重を支え続けなくちゃいけないんですよ。これで問題ないといえるんでしょうか? 

おそらく「Vulture」のデザインは、NASAが描いたこのイラストみたいな感じになるはず。でも、実際に運用されるまでは、まだ時間がかかりそうですね。

 

[Flight Global via CNET via DVICE]

SEAN FALLON(原文/訳:オサダシン)

 

【関連記事】 タバコ並み! DARPAが実現目指す超小型無人機

【関連記事】 信じられないほど美しい飛行機「X-48B」

【関連記事】 ロボット飛行機、兵隊で満載のトラック荷台へ突っ込む(動画)