人工の眼で視力を回復する

0803122edb79b9a5_eye03092008.jpg

科学が、またひとつ光明を与えてくれました。

Boston Retinal Implant Project(ボストン網膜移植プロジェクト)」が人工眼の移植の試作に成功したそうです。これは加齢性黄斑変性症という病気で失明した人に対して有効な方法で、眼球の後ろ側にチップを埋め込み、髪の毛よりも細い電線で脳とつなぎ、そこから光信号を脳に送ることによって実現されます。

現在は全くモノが見えない状態から周囲に何があるかぼんやりと感知できるくらいまでには到達しているそうです。開発者たちはより性能を上げ、人の表情のディテールがわかるくらいまでには到達したいと考えているとか。

なお、この技術には限界もあります。たとえば生まれつき目が見えない人や、緑内障によって視力を失った人には効果がないそうです。あくまでもかつて視力があり、今でも部分的に視神経が働いていることが条件だとか。それでも素晴らしいニュースですね。

Boston Herald via Crunch Gear

Adrian Covert(MAKI/いちる)

【関連記事】 クレーグ・ベンダー博士「人工生命体、つくりました」

【関連記事】 人工の腕が滑らかに文字を描く(動画)

【関連記事】 人工心臓と引き換えに、感情を失ってしまった男