「アイバートM」を腕に、2週間過ごしてみた

Sponsored

080313ivirt_main.JPG

 

なんだかケータイとの付き合い方が変わりそう...。

写真はBluetooth携帯電話接続できるデジタル腕時計「アイバートM」。CITIZENさんからご提供いただきました。うーん、これはちょっと未来を感じさせるデバイスですよ。

なにしろ、腕にするだけで、ケータイの着信メール受信を感知。その上、モードの切り替えカメラのシャッターの役割もこなしてくれちゃって、小さいくせになかなかの実力派なんです。

以下で、詳細なレビューをお届けしますね。

 

080313UNBOX10.JPG

 

見た目はオーソドックスなデジタル時計。ビジネスシーンでの活用がメインとなるはずなので、このくらい落ち着いた外観がうれしいです。

色のおかげかもしれないけど、思った以上に軽い印象。ただ少しサイズは大振りかな。レディースも製品化されれば、支持する人はさらに増えそうです。

 

「アイバートM」を腕に、2週間過ごしてみた 1

 

さてさて、まずは携帯電話と接続してみましょう。

携帯メニューの「外部接続」を選んで、「アイバートM」の方は「Bluetooth接続待ち」にすれば、簡単に接続完了。後ほど、自然に切断されてしまった場合には、腕時計の方から再接続することもできます。

080313ivirt_2.JPG

 

お、さっそくメール着信です! ほぼリアルタイムで「アイバートM」にも知らせが届きますね。

えーっと、なんだ、ギズモード・ジャパンの広告営業担当、土井クンか。この間の合コンのキャビン・アテンダントの子かと期待したのに...。

 

080313ivirt_3.JPG

 

なになに、「ちょっと遅れます」だって!? てか、もう会議始まってんだよ! 

という風に、ケータイをいじらずとも腕時計上でメールの内容もチェック可能。おかげで、人知れず言い訳の算段をつけることができるわけです。

ほかにも「アイバートM」は、マナーモードに切り替えできたり、着信履歴を閲覧できたり、着信を保留・切断できたりと、まるで携帯電話の「分身」といった感じ。詳細な製品特徴は、コチラで、確認してみてくださいね。

あー、そうそう。「アイバートM」はパッケージも、カッチョいい未来派です。以下に簡単にアンボックスの様子もアップしておきましょう。

 

080313UNBOX1.JPG

080313UNBOX2.JPG

080313UNBOX3.JPG

080313UNBOX4.JPG

080313UNBOX5.JPG

080313UNBOX7.JPG

080313UNBOX8.JPG

080313UNBOX9.JPG

 

そんなこんなで、2週間テストをしてみたのですが、結構コレ使えますねー。

所感を箇条書きにしてみました。

・ とにかくBluetooth接続が簡単(デバイス検索 → パスキー入力のみ)

・ 電話帳、着信履歴、メールなど、携帯電話の基本的なデータを閲覧可能

・ 着信の保留・拒否、マナー&ドライブモードの切換えも手元で出来ちゃう

・ 思ったより軽く、シンプルなデザインなので、TPOを選ばない

といった感じでしょうか。

ただ、残念なのが、まだソフトバンクの「820SH」「821SH」「823SH」「920SH」「921SH」「922SH」の6機種しか対応していない点。でも、どんどん開発が進めば、対応機種も増えて、その上進化もしていくでしょう。

そのうち「アイバートM」さえあれば、携帯電話本体が要らなくなっちゃうかもしれませんね。

 

アイバートM[CITIZEN]

(オサダシン)

Sponsored by 「アイバートM」を腕に、2週間過ごしてみた 2

【関連記事】 クラウンのロゴが刻まれた時計

【関連記事】 何度も時計をチラ見してアピールしたくなる腕時計

【関連記事】 シチズン「i:VIRT」:携帯電話の着信がわかる腕時計