デジタルでありながらアナログ&フィジカルに時を刻む時計(動画あり)

080312digital-analog-clock.JPG

 

デザインの学生アルビン・アロンソン(Alvin Aronson)君がデジタル時計の文字盤を再考したのがこちら。 ロボティクスLED/LCDディスプレイで、パーツがするするスライドイン&スライドアウトしながら数字を刻むミョーな雰囲気の時計です。

つまり厳密にはアナログではなく「フィジカルなデジタル」時計ですけど、まあ、言いたいことは分かっていただけますよね? 

たぶん素材はCorianと木を使って、そこにカスタムの電子部品を取り付けてデジタルのコンポーネントがサーボで動くようにしたんでしょう。いやあ、すごい。

ちょっと写真では分からないと思うので、下の動画モソモソ数字が動くシーンをご覧ください。

 

 

なんかの用事で時計確かめたはずが、ゆーっくり禅のリズムで時を刻みながら姿を変える姿に心奪われて、つい用事も忘れて見入ってしまいそうなところが唯一の難点かな。

 

[Vvork via Technabob]

Kit Eaton(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 デジタル時計+アナログ時計

【関連記事】 溶けつつあるデジタル時計

【関連記事】 デジタルだけどアンティークな時計キット