武装化した懐中電灯~目を眩ませ斬りかかり不安に陥れる

080313PorcupineFlashlight.JPG

なんの因果か身も心も武器に化けてしまったフラッシュライトです。

マシンガンになったフラッシュライトでも充分不穏でしたが、こちらは国防総省の息がかかっています。

暗がりで車の鍵を落とすと、煌々と地面を照らして助けてくれるし、襲い掛かってくる暴漢には目暗まし光線をビームして、斬り付けることもできるオールインワン。

光線は70ルーメンのxenonのバルブから発します。maxablasterじゃないですけど、パワフルです。

先端のギザギザは刃になってて、「普通のはざまを設けた刃かどより鋭利」。普段は引っ込めてバッグに忍ばせておけるんですが、いざと言う時は暴漢を斬り付けたり、ドスンと一突きできます。

ミリタリー調のオリーブの淡褐色。4.8 oz、長さ12.7cm、電池寿命 60分。

それにしても、こんなの持ち歩いてホッとできるって、どんな人でしょうね。映画『ブレイブ・ワン(Brave One)』のジョディ・フォスターみたいな?

気になるお値段129ドル。

UPDATE:一部修正を反映しました。ご指摘のコメント、ありがとうございます。

Pentagonlight via Wired gadgets

Kit Eaton(原文/訳:satomi)

【関連記事】 恐怖の懐中電灯(動画)

【関連記事】 停電になってもテレビ見ていたい人の懐中電灯

【関連記事】 ロス市警御用達~銃に見えるフラッシュライト