尿まで飲み水に変えるディーン・カーメンの魔法の蒸留水器(動画)

これはセグウェイの発明家ディーン・カーメン(Dean Kamen)氏が今月お笑い番組『Colbert Report』で披露した「水蒸気圧縮蒸留器(Vapor Compression Distiller)」。2月に米モントレイで開かれたTEDで初展覧し、スタンディングオベーションで迎えられた重量45kgの装置ですけど、録画はこれが初めてです。

薬品も膜も取換えフィルターも不要な浄水器で、右手に見える赤いのが汚い水。管を通して出てくる左側が飲料可能な浄水。液体ならそれこそ本当になんでも良くて、海水はもちろん、「毒、鉄、50ガロンのドラム缶の尿」を突っ込んでもいい。まるで映画『ウォーターワールド』みたいですよねー。

SFクロニクル紙によると氏は5年前からこのヘン装置の研究を進めてきたそうです。初期の試作品は大変アグリーでしたけど、これなら大量生産も大丈夫そうですよね?

「何に使うつもりですか?」と訊かれ、カーメン氏はこう答えてます。

「世界で11億人、全人口の20%の人たちが毎晩、病や喉の渇きを抱えたまま眠っています。きれいな水へのアクセスがないからです。この装置を生産化し世界中に設営する方法をなんとか見つけ出せれば人類の病の50%はこれで駆逐できるでしょう」

ひゃー、がんばれ、ディアーノ! みんな応援してるよ!

[Colbert Nation]

Benny Goldman(原文/訳:satomi)

【関連記事】 負傷兵のためにディーン・カーメンが作った人工アーム(動画)

【関連記事】 撃沈な新発明「舌を使って歯を磨こう!」(動画)

【関連記事】 韓国の中松義郎(?)がデモる「2007年の3大発明」(動画)