Safari 3.1登場~CSSアニメーション、Web Fonts、マルチメディアHTML 5サポート実現(動画)

Safari 3.1が出ましたね。「HTML 5で新しいビデオおよびオーディオタグをサポートする最初のブラウザで、初めてCSSアニメーション、CSS Web Fontsをサポート」(アップル)ということですが、早速試してみたのが上の動画です。最初の印象をまとめておきましょう。

まず再起動は必要ですけど、その価値はあって前のバージョンより速い気がします。CSS多用のページのレスポンスもさらに流動的のようですね(読者のみなさんから寄せられた問題点は末尾に)。

HTML 5

新しく入ったHTML 5動画エレメントは動画再生中にグリッチもなく動作も良好。 この新動画でエンコードされた動画ならページ内にインテグレートされた画像みたいに問題なく見れます。その上をカーソルで移動すると、映画のオーバーレイ・コントロールが表示されます。アイコンでサイズ修正すると、フルカラムまで拡大。他のエレメントも全てそのレイアウトに流動的に動いていきます。トライしたい人はこちら

CSSアニメーション

問題なし。

Acid3 Test

ブラウザのパフォーマンスには特に影響なし。でも、Acid 3のテストで74/100しか出ないのがヘンでした。因みにWebKitは昨日の段階では 93/100出してます。

その他

BennyさんとWilsonさんが言うには、「Gmailでシフトキー押しながら入力するとフォーカスがずれちゃう不具合発生中」とか。僕はオッケーだったんですが、他にも問題のあった人はコメントで教えてくださいね。

プレスリリースダウンロードURLは以下に。

 

アップル、Safari 3.1をリリース

世界最速のブラウザがMacとWindowsで利用可能

2008年3月18日、アップルは本日、 Mac®とWindows PCのための世界最速のウェブブラウザ、Safari™ 3.1を発表しました。SafariはウェブページをIE7と比べて1.9倍、Firefox 2と比べて1.7倍速く読み込みます。Safariはまた、JavaScriptも他のブラウザに比べて最大6倍速く動作させるほか、高度にインタラクティブな次世代のWeb 2.0のエクスペリエンスを提供するために必要な最新の革新的ウェブ標準をサポートする最初のブラウザでもあります*。Safari 3.1にはOS® XとWindows用があり、 www.apple.com/jp/safari から今すぐ無料でダウンロードすることができます。

「MacとWindowsで使えるSafari 3.1はとても速く、簡単に使え、エレガントなユーザインターフェイスを特長としています。何より素晴らしいのは、Safariが業界の最先端を行く、 Web 2.0を体験するのための最新のオーディオ、ビデオおよびアニメーション標準をサポートしているということです。」と、アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。

Safariの極めて高いパフォーマンスとそのエレガントなユーザインターフェイスの組み合わせにより、ユーザはページの読み込み時間を短縮し、ウェブサーフィンそのものにより充分な時間を使うことができます。Safariは、ドラッグ・アンド・ドロップによるブックマーク機能、整理しやすいタブ、検索対象がページ内に何個見つかったかを示す検索機能、そして最新のニュースや情報を素早く走り読みするためのRSSリーダーの内蔵など、直感的なブラウジングエクスペリエンスを特長としています。(全文

Safari 3.1 ダウンロード

Jesus Diaz(原文/訳:satomi)

【関連記事】 Safari for Windowsに大量のセキュリティバグ

【関連記事】 有料だけどとにかくお洒落なファイルブラウザ

【関連記事】 まとめ : 少しは役立つフリーソフト20本