タンデムローターのチヌーク「Tandem Z1 Chinook」をリモコンで飛ばす(動画)

 

新しい「Tandem Z1 Chinook」がついに到着!

でもこれねー。…ローター2つ6方向制御コントローラ操作するんですけど、けっこう最初は大変でした。本物のヘリと一緒でバランス取るのが難しくて難しくて、スロットルを平衡に保って前進・後退・旋回…もう3本手が欲しい! という感じ。何回もぶつけちゃいましたよ。

でも最後にはご覧の動画のように、マスターできました。事故要因が解消できたら、あとはこーんな面白い玩具遊んだことない! 最高! という楽しさです。

つい気が大きくなってフロントについてるプラスティックの予備の羽根を取ってしまったぐらいで(取説には「制御スキルがしっかり確保」できるまでやっちゃ駄目って書いてます)、そしたら旋風がまたすごくなって床・天井・カーテン・奥さん(ごめん!)に高速でぶつけてしまいましたけど、それでもどうにかこうにかクリアできました。

練習の時のクラッシュ場面集もどぞ。

 

 

「Tandem Z1」はリモコンから充電するところは他の「Picoo Z」チョッパーと一緒ですけど、こっちのコントローラの方が前後のトリム調整が余分についてます。4方向のハンドルのジョイスティックにはプラグイン・リミター付きなのでスタート中もしっかり制御できますよ? 

細部のこだわりが素晴らしく、着陸装置と切り換え可能なノーズ・サーチライトまでついてます。デザインがこんな複雑なのにスタイロフォーム弾力がかなりあるようで、何百回となくぶつかったのに何カ所か凹んだだけで済みました。

判定 : すごい、飛べる、ぶつかっても大丈夫

 

KIT EATON(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 アクロバティック過ぎなラジコンヘリ操縦(動画)

【関連記事】 夜間対応の室内ラジコンヘリ

【関連記事】 より簡単に細かい操縦が可能なラジコンヘリコプター