島ごと動くウォーリーのヨット「WallyIsland」

080321Gigayacht.JPG

 

全長325フィート(99m)。メインデッキの広さは1000㎡。

プライベートアイランドを丸ごと海に浮かべたヨットです。

1994年イタリア人実業家が創業したモナコの豪華ヨットメーカー、ウォーリー・ヨッツ(Wally Yachts)社が19日発表しました。

世界最大のヨットと言えばポール・アレン氏所有のOctopus号(全長125m)ですけど、このウォーリーのギガヨットは、ヨットと言うよりもうタンカーですよね? 設備もすごくてプール、スパ、テニスコート、映画シアター、乗務員40人、ゲスト24人が収容できる客室、ヘリパッド(離着陸用設備)、貧しい人々の血液で動く45フィートのスピードボート「WallyPower」2艘までついてます。

しかも、上がミニサッカー場みたいな野ざらしの庭なので、「大体200フィート級のヨットぐらいのお値段で買えて価格競争力がある」(ウィリー社)そうですよ? 写真ギャラリーもどうぞ。

 

080321Gigayacht-a.JPG

080321Gigayacht-b.JPG

080321Gigayacht-c.JPG

080321Gigayacht-d.JPG

080321Gigayacht-e.JPG

080321Gigayacht-f.JPG

080321Gigayacht-g.JPG

 

海でテニスなんかやったら球が何個あっても足りないと思うのは中流な証拠? 

 

[Gizmag]

原文/訳:satomi)

 

【関連記事】 極端に豪華なヨット

【関連記事】 1億7000万円の豪華ヨット、いきなり海に沈む

【関連記事】 ドバイの巨大アイランド建造計画「The World」