AT&TストアでMS-Surfaceに指30本で触ってきた!(動画)

 

全米のAT&Tストアについに登場。幻のMS-Surfaceに今朝触ってきました!

動画見ると分かると思うんですけど、こちらはケータイの営業用なので、噂のファンシーな機能が全部使えるわけじゃないですけど、それでもSurfaceの未曾有のポテンシャルが実感いただけるんではないかと…。

地図のズームもこんなに簡単。でもあんま強く押すとテーブルの反応が悪くなるので、タッチはリラックスさせるのがコツですね。特別なタグのついた携帯は、Surfaceに置くだけでサービスプランと周辺機器、別のカラーに衣替えした図なんかの情報が溢れてきますよ?

携帯と携帯を並べると、スペック比較表が! 出てきます。

他にもAT&Tストアのテーブル(Surfaceは設置場所に応じたカスタムメード)ではフリック、ズームイン&アウト、反転、ドラッグ、オブジェクト感知機能なんかが揃ってますね。

触ってみて特に気に入ったのはたくさんタッチポイントがあるところ。1人が画像ズームインしてる間に、他の人が別のものをフリックしたり、同時に別々の作業が楽しめます。ある時点で数えてみたら指30本でタッチしてたんですが、1本1本すべてに反応してました。

直に対面でコラボ。というと咄嗟に思い浮かぶのはグループ描画とかフォト共有ですけど、これは大当たり間違いなしでしょうね。

「iPhoneと比べてどうかな?」とつい思っちゃいますけど、不思議なことにiPhoneはスペック比較機能が使えなかったです。基本的にiPhoneそのまんまの操作感で、画面が10倍でかくなったテーブルをご想像いただければ。

Surfaceの卓上から直接購入はまだできないので、実物の営業マンに代わるものではありませんけど、こんなクールなツールなら他の分野にも進出が楽しみですね!

とりあえず17日(米国時間)よりNY市内2店舗、サンフランシスコ、サンアントニオ、アトランタの各市に1店舗ずつの合計5ストアにて店頭デビュー。5月には12店舗に揃う予定です。お近くにお寄りの際には是非チェックしてみてね。

 

[Microsoft Surface]

Benny Goldman(原文/訳:satomi)

 

【関連記事】

Linux MPXマルチタッチテーブルはMS Surfaceの代わりになれる?

タッチスクリーンで映画『マイノリティリポート』は現実になる

次期Windows「Windows 7」のマルチタッチ機能