Google Earthでウォーリーをさがせ!

Google Earthでウォーリーをさがせ! 1

ウォーリーがどんどん増えてったら面白そうですね。

あの、おなじみの赤と白のボーダーに、ビーニー帽と丸メガネのギークな? ウォーリーを愛するみなさまに朗報です。もうすぐ誰も予想していなかった舞台で、ウォーリーを探すことができるようになるかもしれません。なんと、Google Earthをつかって!

これは、カナダ人の学生Melanie Colesがペイントした、55フィートのウォーリーです。写真はバンクーバービルの屋上に登場させたところです。Melanieは、彼女の後を続いてくれる人を期待しているそうです。彼女のみならず、私も期待しちゃいます!

それでは、以下にギャラリーをご用意したので、制作風景をご覧ください。

 

Google Earthでウォーリーをさがせ! 2

Google Earthでウォーリーをさがせ! 3

Google Earthでウォーリーをさがせ! 4

Google Earthでウォーリーをさがせ! 5

Google Earthでウォーリーをさがせ! 6

「これは、現在のWebにおけるスピリットなんじゃないかと思っています。全てのものが自由参加の世界。なので、もっとウォーリーが増えれば増えるほど良いと思っているんです」
とMelanieはバンクーバーの「ザ・サン」に語ったようです。そして、ニュースチャンネルは、ヘリコプターをバンクーバーの空に飛ばし、ウォーリーを探しました。けれど、ウォーリー君は、まだGoogle Earthにはあらわれていません。Google Earthは、最後に写真を撮った日を公開していますが、衛星を送りだす次の場所の表示はないし、早くGoogle Earthでウォーリーを探したいですね。

写真を見ると、このウォーリー、シート状になってるのを重石で固定しているだけなので、定期的に移動させることもできるみたいだから、いろいろ遊べそうですよねー。

Where On Earth Is Waldo? via Telegraph

Addy Dugdale(原文/訳:junjun)

【関連記事】

Google Earth、かぎ十字型のビルを発見する

「Google Flight Simulator」への要望

Google Earthで、報奨金100万円!