映画『アイアンマン』より:永遠の男子の夢、HUDを使った飛行シーン

 

男子ならばだれでも、十分な知識とトレーニングを身につければいつかバットマンみたいに空を飛べる、という夢を抱いているものです。

こちらは映画『アイアンマン』より主人公のトニーが初めて飛ぶ場面です。中世の鎧にインスパイアされたボディスーツでかっこよく飛ぶトニー。しかしGizが注目したのは、トニーのボディスーツが採用しているHUD(ヘッドアップディスプレイ)です。そこに映し出されるなにやら複雑な数値や情報の数々。空を飛ぶっていうのはどうやら手を向けた方に飛ぶ、とかそういう簡単なやり方では実現できないようですね。ふむ〜。少なくともMicrosoftのフライト シミュレータか、『エースコンバット6』で練習しといた方がよさそうです。

 

[Apple Trailers]

Jason Chen(MAKI)

 

【関連記事】

「アイアンマン」予告編(動画)

格好良すぎ! スチームパンクのアイアンマン

F-35戦闘機のヘルメット搭載型ディスプレイシステムが怖すぎる件