シリコンに代わってグラフェン登板?

080327Graphene.JPG
グラフェン(graphene)は、原子1個分の厚さしかない黒鉛(グラファイト)の板です。

このグラフェンが室温ではどんな既知の物質よりも優れた電導力を発揮するんだそうな。メリーランド大学の物理学者たちが、このほどデモを行いました。

具体的にどのぐらい優れてるかと言うと、電子移動速度はシリコンの最大100倍速。コンピュータ用チップやセンサーのような装置に入ってる半導体の素材としても有望視されています。

さらにグラフェンは電気抵抗力(電流の流れに逆らう力)も1.0microOhm-cmで銅より35%少な目ですから、室温では電気抵抗が最も少ない素材なんだそうですよ?

ただグラフェンには不純物も混じっていて、そのせいで鉛より電子移動の効率は悪いみたいです(少なくとも今の段階では)。それでも改良を加えたら、もしかして次なる「奇跡の素材」となれるかも?

前途洋々な新素材・グラフェンのお話でした。

University of Maryland via Slashdot

Sean Fallon(原文/訳:satomi)

【関連記事】 電源なしで12年間光り続ける新素材

【関連記事】 粘土とゴムの両方の性質を持つ新素材(動画)

【関連記事】 22メートル上から卵を落としても割れない:衝撃吸収素材「βGEL」(動画)