割り箸で作ったカヌー

割り箸で作ったカヌー 1

この方のお名前は大河原秀平さん。57歳だそうです。

大河原が挑戦したのは「割り箸カヌー」。食堂の使用済み割り箸を2年かけて7382本集め、それを1本1本縦に割り、木工用ボンドでつなぎ合わせて板状にし、ポリエステルコーティングを施してガラスクロスを張って、延べ約100日をかけて製作されたそうです。

重さは約30kgで通常のカヌーより8~9kgほど重いのですが、浮く自信はあるとのこと。進水式は5月だそうです。みなさまはどう思われますか?

 

[Pink Tentacle]

Jesus Diaz(MAKI/いちる)

 

【関連記事】

スケスケのフルヌードボディのカヌー

飛ぶボート:「BRio flying boat」(動画)

極端に豪華なヨット

 「8~9kgほど思い」→「8~9kgほど重い」という訂正を加えました。ご指摘ありがとう!