フチコマっぽい月面探査用ロボット、今度はペアでお仕事します(動画)

几帳面な仕事っぷりですね。

以前「動きが超フチコマっぽい月面探査用ロボット」でご紹介した、NASAが開発している「ATHLETE」が、さらに洗練されているということで、近況報告をしたいと思います。

このビデオは、2つのATHLETE達が、協力しながら重~い物体を地面に降ろそうとしているところです。ちなみに、こちらは宇宙で使う居住環境だそうです。おもわず、マトリックス風にのけぞってしまうぐらい興奮してしまいました。

NASAはロボットの開発を真剣に受け止めていて、この複数のホイールが、ゴツゴツした月の地形の上でも器用に携帯居住環境を運ぶことを可能にすると考えているようです。彼らは、近々のミッションでの利用も議論されているというのですから、実際に近い将来このATHLETEたちが月の表面をコロコロと駆け抜ける日がくるということですね。

 

[NASA and New Scientist]

Kit Eaton (原文/junjun )

 

【関連記事】

レゴで「タチコマ」と「フチコマ」を比較

タチコマ実機、テスト走行をスクープ!?

月、火星、宇宙開発もろもろ まとめ