飛行機概念もぶっ飛ぶ「オープンシート型」飛行機

飛行機概念もぶっ飛ぶ「オープンシート型」飛行機 1

スペイン人のデザイナーJaime Hayonさんは、Bisazzaというセラミック会社の要望により、とある飛行機を設計しました。ホワイトゴールドとグラスファイバータイルで作られたこの模型、一見普通ですよね? でも、彼は飛行機概念もぶっ飛ぶ、奇抜なデザインを提案したようです。

先頭部分はF-18Hornetに似て、Y-Wingのコックピットにプロペラ翼、可愛らしいミサイルにB-52風のテイル、そして、真ん中にデーンと所在するオープンシート。えっ…。

じっくり写真で観察してください。

飛行機概念もぶっ飛ぶ「オープンシート型」飛行機 2

飛行機概念もぶっ飛ぶ「オープンシート型」飛行機 3

どうやら水回りの製品模型デザインだったみたいですけど、もしこんなのがあったら、実際に飛ぶことは可能なのでしょうか? 雨風どころの問題じゃないのかなぁ。

Dezeen

Jesus Diaz(原文/訳:yuka)

【関連記事】

一回に5年も飛び続けられる無人飛行機「Vulture」

太陽発電の飛行機「ソーラー・インパルス」号で世界一周

画期的な新デザイン旅客機

 UPDATE:コメントを受けて、製品模型であることの修正を加えました。ご指摘、ありがとうございます。