レゴ人形でヴィクトリア時代のパラパラ漫画「ゾーエトロープ」を再現(動画)

ゾーエトロープ」って知ってますか? ヴィクトリア朝時代に流行ったパラパラ漫画を見せる仕組みで、今のアニメーションの元祖と言われています。

そのゾーエトロープを自作して、レゴの人形が踊るアニメを作った方がいらっしゃいました。

上の作品はバットマンの登場人物たちを使って作られたものです。ターンテーブルを使い、LEDのフラッシュでストロボ的効果を作り出しています。

作者の方は、ニューヨークMOMAでお披露目された、ピクサー製の大規模フィギュア・ゾーエトロープを見てインスパイアされたんだそうです。ピクサーのゾーエトロープ動画を以下に置いておきますね。最高にロマンチックですよ。

 

080415LegoZoetrope.JPG

元ネタサイトには構造の詳細説明などがありますので、ぜひみなさんも自作してみてはいかがでしょうか?

LEGO 3D Zoetrope and VNOG via MAKE

Jesus Diaz(MAKI/いちる)

【関連記事】

150枚のT-シャツを使った、人間パラパラ漫画(動画)

虹を作り出す本(動画)

吹き出しを頭上に掲げて「チャット」するというアート(動画あり)