歩くことでそれぞれの時代を知る「インタラクティブ年表」

歩くことでそれぞれの時代を知る「インタラクティブ年表」 1

最近またピコピコ音が流行りつつありますが。

インタラクティブ年表参考図版)」は、歩くとそれにつられてが出たり、止まるとその年の説明が流れたりするという、その名の通りインタラクティブな年表です。たぶんオープンソース・デバイス「Gainer」を使って作られています。

新宿初台のICCの「オープン・スペース 2008」で展示されていたメディアアート作品。音が足の動きとピッタリ合って流れて、しかも音質が良く、インタラクティブの快感を存分に味わえます。

[オープン・スペース2008]

(いちる)

 

【関連記事】

トロン気分を存分に味わえる「gravicells[グラヴィセルズ]-重力と抵抗」

3次元化されたプログラミング空間を自由に飛び回る「VP3L」

写真で振り返るストレージの歴史