零下10度の逆サウナ、という発想:「Snow Room」

零下10度の逆サウナ、という発想:「Snow Room」 1

サウナとセットで使うことを意図されているとのこと。

Snow Room」は、マイナス10度くらいで人工雪が降り積もっている小部屋。MNKというサウナを作っている会社が、トルコで行われたHotel Equipment Fairに出品していたものです。

北欧ではホット/コールドセラピーという、熱いのと冷たいのを交互に浴びる療法が一般的で、ロシアなどでも露天風呂から雪へダイブするのがエグゼクティブの贅沢になってるので、こういう製品にも普通に需要があるだろうとのこと。高級ホテルやスパに売り込んでいく予定だそうです。

個人的にはすごく気持ち良さそう! と思いますが、米Gizのライターは「なんでせっかくあったまったのにわざわざまた冷たくならなくちゃいけないのかマジ理解不能」と言っています。みなさんはいかがですか?

Trendhunter via DVICE

Sean Fallon(いちる)

【関連記事】

ポータブルサウナ

サウナ・パンツ(70年代の製品)履いて街に出たら英雄

灼熱のテキサスで通年スキーが楽しめる巨大リゾート建造計画(動画)