駐車違反の車輪止めに腹を立て車を2つに切る英国人

080512Car-in-Half.JPG

イギリスでは駐車違反の車は車輪止めかけて動きを封じ、罰金を課します。

ちょっと前、これやられた市民からの通報1本でマント翻しながら現場に駆けつけて金具をカットしてくれる、正義の味方なんだか悪の味方なんだかよく分からないコスプレヒーロー「アングルグラインダー・マン」がロンドンの町に出没し話題なりましたよね? あの影響でしょうか…

写真上のイアン・タイラーさん(40歳、トレッドワース在住)は、家の前に停めた自家用のポンコツ金具と罰金かけられたのに腹を立て、自らアングルグラインダー(工具)を手にとり金具外すだけじゃ腹の虫が収まらず車を真っ二つにしました。過激です。

車は養子の息子さんのために100ドルで購入したフォード・フィエスタ(きっとあまり可愛くないんでしょう)。家の前に停めといたんですけど、運悪く2インチばかり歩道に突き出ていました。

修理代も高いし捨てるつもりで廃車手続きを取ったオフロードの車なんだから…と説明しようにも、チケット切る人はお構いなしで金具(denver boot)を掛けちゃった。で、ご覧の顛末というわけです。

使ったのは正確にはディスクカッターです。火花も散ったので、消防は来るわ、警察は来るわで大変な騒ぎだったようですねー。

The Sun and BBC News

Addy Dugdale(原文/訳:satomi)

【関連記事】

サイバー犯罪組織「KLIK Team」の謝恩パーティーはしょうもない(動画あり)

エレベーター41時間監禁の男性の一部始終を監視カメラが捉えていた

掃除機壊した息子のXBoxを売った恐母、偉大な子育ての功労で無料掃除機ゲット