超小型ハンドヘルドPC「OQO」上でMac OS X Leopardを動かす(動画あり)

080430oqoleopard1.jpg

もしかして、世界最小のマックですかね?

元アップル社員が作った小型ハンドヘルドPC「OQO」上で、Mac OS X Leopardが動いています。OQOTalkフォーラムのメンバーの1人が実施したハッキントッシュです。起動に2分くらいかかり、WWANに不具合がありますが、その他に欠点はないようです。

以下に起動して操作しているビデオを置いておきます。

 

起動はデュアルブートスタートアップからはじまります。ファインダーでカバーフローを動かしたりダッシュボードを立ち上げたりしています。画面解像度は800×480。Bluetooth、Wi-Fi、USB、パワーマネジメント、サウンドなどの機能があるようです。

OQOTalk

Kit Eaton(MAKI/いちる)

【関連記事】

WindowsマシンにLeopardをインストール

OS X Leopardを買う前に知っておきたい10のポイント

PsystarのMacクローンを買ってはいけない7つの理由