ターミネーター気分が味わえるメガネ開発中

ターミネーター気分が味わえるメガネ開発中 1

 

赤より緑とかのほうがいいかも?

日本のブラザー工業は、ウェアラブルでポータブルな、網膜走査ディスプレイ(RID)技術を開発しました。これを装着すると、なんと! ターミネータースタイルでモノを見ることができるそうです。

この新しいRIDプロトタイプは、まるで映像がユーザーの正面に存在するかのように見せるために、光を高速に移動させて、その残像で情報を伝えるというもの。ただ、残念なことに、ソースコンピュータが持ち運ぶには、巨大すぎなんですよね…。

ということで、どんだけ大きいか? 以下でチェックしてみてください。

 

ターミネーター気分が味わえるメガネ開発中 2

 

光走査モジュール、接眼モジュール、光源モジュールという3つのモジュールで構成された、この新しいRID。ちなみに光走査モジュールのプロトタイプは、ブルートゥースヘッドホンサイズで、愛知のEXPO2005でブラザーが発表したものと比べて、1000分の1ぐらい小さいものでした。

なのに人々が、いまだこれを装着して町を散歩しない理由は、ただひとつ。光源モジュールサイズ問題なんです…。

 

ターミネーター気分が味わえるメガネ開発中 3

 

そんな問題を抱えつつもブラザーは、2010年くらいには、この装置を発売したいと考えているとのこと。そのときには、光源モジュールが持ち運び可能なHDくらいになっているといいんですけどね。

 

ターミネーター気分が味わえるメガネ開発中 4

 

そしたら、今まで妄想の世界でしか楽しめなかったことが、いろいろ実現できちゃうかもしれませんよ。

[プレスリリース, Newlaunches.com]

Elaine Chow(原文/junjun )

 

【関連記事】

歩きながら片目でテレビ(動画)、あまりにも未来風

TVに「かめはめ波」を打って闘うゲーム

ジョン・レノンの命日に、メガネ系ネタ まとめ