グラスゴーの川に巨大な蓮の葉が浮かぶ

グラスゴーの川に巨大な蓮の葉が浮かぶ 1

スコットランドの建築家集団ZM Architectureがグラスゴーの街のためにエコなエネルギーを提案しています。蓮の葉型のソーラーパネルです。

街を流れるクライド川に巨大な蓮の葉のような丸いソーラーパネルを浮かべようというのです。日中太陽の光を浴びて街に電力を供給します。また、見た目の美しさも魅力。もともとインターナショナルデザインアワード「陸地と海」部門で優勝したこのアイディアですが、なんとグラスゴーの市議会は小さい規模でのテスト導入を検討中。実現する日は意外と近いかもしれません。

BBC via Inhabitat

Adam Frucci(MAKI)

【関連記事】

葉っぱのように小さく薄いソーラーパネル「GROW」

ソーラーパネルつきのトートバッグ

遅くてちょっとしか走らない、ソーラーパワーで動くバイク