ビッグバンの秘密が潜む!? 小指サイズのチューブ

ビッグバンの秘密が潜む!? 小指サイズのチューブ 1

宇宙のミステリーに挑戦です。

『PopSci』の記事で、あの宇宙の大イベントを実験室で再創造することを試みる科学者たちがいるというお話がありました。そのイベントとは…ビッグバンとブラックホール! だそうです。

上記写真のチューブ内で、ヘリウムを絶対零度を超える0.0003°Fまで冷やすと粒子が動き周ります。そして、ヘリウムが安定した後そこに小さな渦が残るそうです。この小指サイズのチューブの内側が、ビックバンが起きた後の宇宙の状態だと考えられています。

科学者たちは、2つの大きなブレーンと呼ばれる平面体が宇宙で衝突したら、新しい宇宙を作るための十分なエネルギーを生みだし急速拡大すると信じているそうです。

また、これらのシナリオを創造することができたなら、ビックバンやブラックホールを再創造することも可能かもしれませんが、モニタリング技術がないのでまだ立証は難しいみたいです。ブラックホールや宇宙の起源に関する量子論を説いたホーキング風宇宙論が好きな人にとって、科学者たちが過去数年にわたり取り組んだミステリーや理論のリストは、きっと少年心を躍らせる記事なんでしょうねぇ。

PopSci

Adrian Covert(原文/junjun)

【関連記事】

ブラックホールの内部構造を解明したスパコンは日立製

かぐやが月の全球を見せる初のHD地形図公開、ウラニウムの所在も判明

月、火星、宇宙開発もろもろ まとめ

 UPDATE:「華氏0.0003度」→「0.0003°F」と修正を反映しました。ご指摘のコメントありがとうございます。